andline光SE

お申し込み

andline光SE

お申し込み

andline電話

現在お使いのNTT電話番号、電話機もそのままご利用いただけます。一般加入電話宅用の料金よりもお得なIP電話サービスです。使い方も今まで通りなのでとても便利です。

  • andline電話とは
  • サービス特長
  • 月額料金・通話料
  • 付加サービス
  • 工事費
  • 開通までの流れ
  • お申し込みはこちら

andline電話とは

「andline電話」は「andline光 SE」と合わせてご利用いただける光回線を利用したIP電話サービスです。 andlineSEをご利用なら、一般加入電話を使い続けるより、月々の基本料・通話料がおトク、現在ご利用中の電話機・電話番号がそのまま使えます。

andline電話とは ※1 一部ご利用いただけない電話番号、電話機(交換機能を有する電話機、ISDN対応電話機等)があります。
※2 andline光をご利用なら、一般加入電話を使い続けるより、月々の基本料・通話料がおトク。
とってもおトク

サービス特長

料金イメージ

料金

andline光SE月額料金

※1 別途、1電話回線ごとにユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料がかかります。
※2 一般加入電話、NTT東西ひかり電話、andline電話あての場合の通話料です。

andline電話は一般加入電話と同じように使えます※1

電話番号も電話機もそのまま使えます

※2 ※3 ※4

110、119などの緊急電話もそのまま使えます

※1
※1 停電時は緊急通報を含む通話ができません。また、コレクトコール(106)など、一部ご利用いただけない電話番号があります。
※2 一部ご利用いただけない電話番号、電話機(交換機能を有する電話機、ISDN対応電話機等)があります。
※3 NTT東西の一般加入電話またはISDN以外で取得した電話番号は番号ポータビリティで「andline電話」に移行することはできません。また、「andline電話」で取得した電話番号は、番号ポータビリティで移行することはできません。
※4 一般加入電話番号を「andline電話」でご利用になる場合、「andline電話」の基本工事費に加え別途「番号移行(番号ポータビリティ)」の工事費2,200円(税込)、利用休止工事費2,200円(税込)がかかります。詳しくはNTT東西のページをご覧ください。番号ポータビリティにあたり、電話加入権を「廃止」した場合、andline電話の解約後に、加入電話を再度利用することはできません。

andline電話A (エース)プランなら、便利なサービスがおトクな料金で使えます

andline電話A (エース)

合計2,200円(税込2,420円)/月のサービスが1,500円(税込1,650円)/月でご利用できます。※1

andline電話
基本プラン

(ひかり電話) ※2

andline番号
表示サービス

(ナンバー・ディスプレイ)

andline着信
通知メール

(着信お知らせメール)

andline転送
電話サービス

(ボイスワープ) ※3

andline割込
電話サービス

(キャッチホン)

andline非通知
ブロックサービス

(ナンバー・リクエスト) ※4

迷惑電話
お断りサービス

(迷惑電話おことわりサービス)

無料通話

(税込:528円分)
※1 別途、1電話回線ごとにユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料がかかります。
※2 発信者電話番号表示のご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応電話機が必要です。
※3 FAXお知らせメールはご利用になれません。また、法令により本人確認が必要となります。本人確認が完了しないとandline光SEもご利用いただくことができません。
※4 発信者番号表示のお申し込みがあわせて必要になります。

月額料金・通話料

月額料金

月額料金
※1 「月額利用料に含まれる通話料分」の適用開始日について月額基本料に含まれる通話分の適用は、「andline電話」の場合、ご利用開始月の翌月からとなります。
※2 NTT東西の加入電話、ISDN、IP電話への通話が対象です。他事業者、携帯電話等への通話は対象となりません。月額基本料に含まれる通話分は、8.8円(税込)/3分で計算します。また、最大通話時間は通話毎の通話時間により異なります。
※3 各付加サービス1契約ずつとなります。
※ 申し込み月の月額基本料、付加サービス利用料はかかりませんが、通話料はお支払いいただきます。通話のご利用のない月にも月額基本料のお支払いは必要です。解約月は全額のお支払いが必要です(日割り計算しません)。
※ 別途、1電話回線ごとにユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料がかかります。
※ 「andline電話」のご利用には、光回線サービスの「andline光SE」のご契約が必要です。別途、「andline電話A (エース)」の初期費用、「andline光SE」の申込手数料、工事費(工事が必要な場合)、月額料金がかかります。

通話料

通話料
※1 国内通話に限る通話料金であり、国際通話料金とは異なります。
※2 株式会社 NTT ドコモ、ワイモバイル株式会社提供の音声回線の利用の場合
※3 沖縄セルラー電話株式会社、KDDI 株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、楽天モバイル株式会社提供の音声回線の利用の場合
※4 株式会社 NTT ドコモ(ワンナンバー機能により着信する場合)提供の音声回線の利用の場合

付加サービス月額料金

付加サービス月額料金
※1 発信者電話番号表示のご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応電話機が必要です。
※2 FAXお知らせメールはご利用になれません。
※3 「自動転送」をお申し込みの場合、法令により本人確認が必要となります。
本人確認が完了しないとandlineSEもご利用いただくことができません。
お手続き方法にて詳しくご説明をいたしますので、入会センターでのお申し込みをお勧めいたします。
※4 発信者番号表示のお申し込みがあわせて必要になります。

工事費

工事費
※1 加入電話等を利用休止して、同一電話番号を「andline 電話」でご利用される場合の費用です。別途、加入電話等の利用 休止工事料は NTT 東日本、NTT 西日本へお支払いただく必要があります。
※上記費用のほか、お客様のご利用環境によっては別途費用が発生する場合がございます。

開通までの流れ

■新規契約の場合

「andline電話A (エース)」は「andline光SE」と同時にお申込みできます。

  • 01

    andline光SE・andline電話A (エース)お申し込み

  • 02

    開通工事実施

  • 03

    andline電話A (エース)設定

■ 転用の場合(フレッツ光からお乗り換え)

「andline光SE」のお申込みと同時に「ひかり電話」が引き継がれます。

■事業者変更の場合(他社光回線からお乗り換え)

「andline光SE」のお申込みと同時に「ひかり電話」が引き継がれます。

注意事項

※ 一部「andline電話A (エース)」からかけられない番号およびご利用いただけないサービスがあります。
※ NTT東西の加入電話またはISDN以外で取得した電話番号は番号ポータビリティで「andline電話A (エース)」に移行することはできません。また、「andline電話A (エース)」で取得した電話番号は、番号ポータビリティで移行することはできません。
※ 停電時は緊急通報を含む通話ができません。
※ すでに「andline光SE」をご利用中で、「andline電話A (エース)」を追加で申し込み希望のお客さまはお電話でお申し込みください。
※ 「転用」とは、現在フレッツ光をご利用のお客さまがandline光SEにお申し込みすることを指します。
※ 「回線新規」とは、現在フレッツ光をご利用でないお客さまがandlineSEにお申し込みすることを指します。
※ 「事業者変更」とは、現在他社光コラボレーションサービスをご利用のお客さまがandline光SEにお申し込みすることを指します。

お申し込み

矢印